人材育成 コーチング 能力開発・自己革新

自信の作り方

Pocket

私はコーチングするとき、最初に見極めるのが
クライアントの自信です。

別にそう決まっているわけではないのですが、
言葉遣いや表情を見ていると、ここが気になってしまうんです。

というのも、自信がない人は、どんな戦略・戦術を持っていても
それが的確に実行されないからです。
[br num="1"]

たとえば、鉄板の営業トークを学んでも、自信がないと
嫌われるのが怖くて、おどおどした態度で話すので
結局契約にはなりません。

たとえば、コーチングのスキルを学んでも、自信がないと
クライアントの内面に踏み込んでいくことができず、
結局表面的な話で終わってしまいます。

たとえば、理想的な異性に出会う方法を知っても、自信がないと
自分が相手に釣り合わないと思って気が引けてしまい、
結局付き合うことができません。

細かくいうともっとあるんですが、まあこんな感じ。
自信というのは、ものすごく重要なポイントなんです。
[br num="1"]

では、その自信を、どうやってつけるかというと、
これもいろいろあるんですが、今日は一番簡単な方法を。

それは、
【自分と約束して、それを守る】
ことです。
[br num="1"]

自信とは、「自分を信じていること」。
そして、信じるためには、信じるだけの根拠が必要です。
(根拠のない自信というのもありますが、それはまたの機会に)

そして、その根拠は、今までにもあったはずなんですが、
それよりも信じない根拠のほうが多いのか、
信じる根拠になる出来事を忘れてしまっているのか、
自信がない人は、自分を信じるための理由が少ないです。

なので、今から自分を信じるための根拠を自分で作るんです。
[br num="1"]

人間関係で信用を作ろうと思ったら、やはり約束を守るのが一番。
ですから、自分との約束を守ります。

約束と言っても、そんなに大層なことでなくてもOKです。
「毎日、最低でも1ページは、本を読む」とか
「毎日、最低でも3回、腹筋運動をする」とか
「毎日、3行でいいので、ブログを更新する」とか。

自分で決めたことを、確実に実行する。
これを積み重ねていくことです。
[br num="1"]

「決めたことを実行している」というのは、紛れもない事実ですから、
誰にも否定のしようがありません。

「そんな小さなことを続けていても、仕方ないじゃん」という批判は、
やっていない人間が言う言葉ですが、

そんな小さなこともやっていない人間より、
小さなことを続けられている人のほうが
圧倒的に信用できます。

だから、コツコツと自信の種を積み重ねていくのです。
[br num="1"]

私が毎日メルマガを、とりあえずでも、遅くなってでも出しているのは、
別にこれが売上になるからではなく(なってほしいですが)、
自分と約束したからです。

以前は、決めたことも「ま、いいか」と言って
ないがしろにしていたことがありました。

「自信がない」と悩むほどではありませんでしたが、
やはり「決めたことをやれていない」負い目のようなものがあって
強く言い切れなかったり、逃げ道を用意したりしていました。

今でも逃げ道を用意することはありますが(笑)、
自分が決めたことに関しては、ブレないという自信があります。
[br num="1"]

小さなことをコツコツと、というと、地味な感じがしてしまうのですが、
地味な行動の積み重ねは、そう簡単には揺らぎません。
これが、地に足の着いた自信の源になるんです。
[br num="1"]

★売れる人材を育成するコーチングスキルのポイント

自分との約束をして、それを守ろう

Pocket

-人材育成, コーチング, 能力開発・自己革新

© 2021 おとうふメンタルを活かして望む結果を創り出す パワーコーチ株式会社